コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩徐 カンジョ

デジタル大辞泉の解説

かん‐じょ〔クワン‐〕【緩徐】

[形動][文][ナリ]ゆるやかで静かなさま。動作などがゆっくりしているさま。
「地盤の運動は割合に―で」〈寅彦・化け物の進化〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんじょ【緩徐】

( 形動 ) [文] ナリ 
動作・調子などが、ゆるやかなさま。 「 -楽章」 「 -なる傾斜/肉弾 忠温

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

緩徐の関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第6番 ヘ長調/piano soloシューベルト:ピアノ・ソナタ 第11番 ヘ短調/piano soloシューベルト:即興曲集 Op.142/piano soloシューベルト:アダージョ 変ニ長調/piano soloシューベルト:アダージョ ホ長調/piano solo助・叙・女・如・序・徐・恕・抒・敍・絮・除ベッカー型筋ジストロフィー進行性筋ジストロフィーロマンス(音楽用語)運動ニューロン疾患低ナトリウム血症ヴルピアン効果序曲(音楽)血栓性静脈炎ヨストの法則球後視神経炎弦楽四重奏アダージョアジマリン第九交響曲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緩徐の関連情報