コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従容/縦容 ショウヨウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐よう【従容/縦容】

[ト・タル][文][形動タリ]ゆったりと落ち着いているさま。危急の場合にも、慌てて騒いだり焦ったりしないさま。「―としてに就く」「―たる立ち居振る舞い」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうよう【従容】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ゆったりと落ち着いているさま。 「 -として死に就く」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

従容/縦容の関連キーワード傭・夭・妖・容・幼・庸・拗・揚・揺・搖・擁・曜・楊・様・樣・洋・涌・溶・熔・用・痒・瘍・窯・羊・耀・腰・膺・葉・蛹・要・謠・謡・踊・遥・邀・鎔・陽・養・鷹什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃シラー(Friedrich von Schiller)赤と黒(スタンダールの小説)死を視ること帰するが如しイギリス演劇秋野 孝道元和大殉教川路高子マーロー万松行秀松雲宗融源義朝女従容録トタル無門関予譲晏如公案語録

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android