コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御傘 ごさん

4件 の用語解説(御傘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御傘
ごさん

俳諧式目書。『俳諧御傘』の略。松永貞徳著。 10巻。慶安4 (1651) 年刊。俳諧に用いる言葉をいろは順に配列し,指合 (さしあい) ,去嫌 (さりきらい) を説く。その説は連歌の式目をゆるやかにしたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごさん【御傘】

江戸初期の俳諧式目書。10冊。松永貞徳著。慶安4年(1651)刊。俳諧用語をいろは順に整理し、指し合い去り嫌い句数(くかず)を説いたもの。俳諧御傘。おからかさ。ぎょさん。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごさん【御傘】

俳諧論書。松永貞徳著。1651年(慶安4)刊。10巻。俳諧に用いることば1420余をいろは順に並べ,指合(さしあい),去嫌(さりきらい)を説いた作法書。本書を著した動機は,俳諧人口の増大にともない,指合をめぐる論争が絶えないためであった。ちなみに,里村南家に属した人びとは和漢連歌の式目をそのまま用い,北家につながる人びとはそれをさらに緩和して用いたため,両派間に確執さえ生じた。本書は北家の俳式により,例えば和漢に五句去(ごくさり)とする恋の句を三句去と定めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごさん【御傘】

俳諧式目。一〇巻。松永貞徳著。1651年刊。俳諧の作法書と歳時記を兼ねたもの。俳諧に用いる言葉をいろは順に配列し、差合さしあい・去嫌さりきらいなどの解説を施したもの。俳諧御傘。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone