御宿町(読み)おんじゅく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御宿〔町〕
おんじゅく

千葉県南東部,太平洋にのぞむ町。 1914年町制。 55年浪花 (なみはな) ,布施 (ふせ) 2村の一部と合体。網代湾にのぞむ漁港があり,沖合い漁業の拠点。イワシ,ブリ,イカ,メダイなどの水揚げが多く,水産加工も盛ん。市場町でもあり,地方商業の中心をなす。海岸は遠浅で海水浴に適し,アワビサザエなどを採取する海女の姿もみられる。月の沙漠公園や,岩礁上に高さ 17mの日本・メキシコ・スペイン交通発祥記念碑がある。海岸線一帯は南房総国定公園に属する。 JR外房線が通る。面積 24.86km2(境界未定)。人口 7315(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御宿町の関連情報