コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御浜[町](読み)みはま

世界大百科事典 第2版の解説

みはま【御浜[町]】

三重県南部,南牟婁(みなみむろ)郡の町。人口9914(1995)。東は七里御浜の砂浜海岸で熊野灘に面し,北西部の山地から流れ出る市木川,尾呂志(おろし)川の流域に沖積低地が開ける。古代は紀伊国牟婁郡神戸郷に含まれ,熊野の神領地であったと考えられる。室町時代には上野(うわの)に城を構えた尾呂志氏が勢力を有したが,熊野別当の出という新宮の堀内氏の支配下に属した。江戸時代は町域の大部分が紀州藩新宮領(水野氏)であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android