コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御職 オショク

デジタル大辞泉の解説

お‐しょく【御職】

同類の中で最高のもの。随一。
「ここの店の―はバクライという献立で」〈万太郎・市井人〉
仲間うちで頭(かしら)だった人。
「―だけ一つ目のあるとこに住み」〈柳多留・二二〉
遊女屋で、上位の遊女。初めは江戸吉原遊郭だけでの名。御職女郎
「この吉田屋の―にて」〈洒・錦之裏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おしょく【御職】

同類の中で、最高のもの。主たるもの。 「 -もの」
江戸時代、検校けんぎようの首座にある人。総検校。
「御職女郎」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御職の関連キーワード一臈・一﨟・一臘江戸時代通り名吉田屋太夫職総検校首座女郎同類新造板頭

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android