コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御船山 みふねやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御船山
みふねやま

佐賀県南西部,武雄市中心市街地の南側にある山。標高 207m。石英粗面岩からなる奇岩景勝地。六角川の上流沿岸にあり,山名神功皇后の着船地であったという伝説による。山麓に御船ヶ丘梅林,ツツジの名所御船山楽園がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

御船山の関連キーワード佐賀県武雄市武雄(市)登録記念物御船(町)武雄神社武雄温泉

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御船山の関連情報