コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御達 おたっし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御達
おたっし

江戸時代,幕府が発した単独法令の一形式。一部関係者だけに公布されるものであり,広範囲に公布される触 (おふれ。→御触書 ) と異なる。平安時代における留司格のようなものと理解してよいと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐たち【御達】

《「ご」は婦人の敬称
身分ある女性たちを敬っていう語。ご婦人がた。
「粥(かゆ)の木引き隠して、家の―、女房などのうかがふを」〈・三〉
宮中・貴族の家に仕える上級の女房たちを敬っていう語。
「―、東の廂(ひさし)にあまた寝たるべし」〈空蝉
[補説]複数でなく一人の場合もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごたち【御達】

身分のある女性たちを敬っていう語。また、宮仕えの上級の女房たちを敬っていう語。一人をさすこともある。 「宮の内にて、ある-の局の前を渡りけるに/伊勢 31

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御達の言及

【御触書集成】より

…江戸幕府では通常の単行法令は,必要に応じて御触書の形で公布した。狭い範囲の人や役所にあてられたものを,とくに御達(おたつし)という。高札(こうさつ)も御触書の一種と見てよい。…

※「御達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御達の関連キーワード渡る・渉る・亘る御触書集成牧民金鑑江戸時代宮仕え相知る物見る物裁ち忠実人上級貴族宮中回し女房

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android