御達(読み)おたっし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御達
おたっし

江戸時代,幕府が発した単独法令の一形式。一部関係者だけに公布されるものであり,広範囲に公布される触 (おふれ。→御触書 ) と異なる。平安時代における留司格のようなものと理解してよいと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐たち【御達】

《「ご」は婦人の敬称
身分ある女性たちを敬っていう語。ご婦人がた。
「粥(かゆ)の木引き隠して、家の―、女房などのうかがふを」〈・三〉
宮中・貴族の家に仕える上級の女房たちを敬っていう語。
「―、東の廂(ひさし)にあまた寝たるべし」〈空蝉
[補説]複数でなく一人の場合もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごたち【御達】

身分のある女性たちを敬っていう語。また、宮仕えの上級の女房たちを敬っていう語。一人をさすこともある。 「宮の内にて、ある-の局の前を渡りけるに/伊勢 31

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐たっし【御達】

〘名〙 (「お」は接頭)
江戸時代上級官庁から下級官庁へ、法令、指令などを送ること。また、その法令や指令。達。下達。
※市中取締類集‐取締筋雑之部・二冊之内一・一・天保一三年(1842)三月「右者興行、御免有之候砌、伺之上町触及御達置候儀に付」
② 通達。通知。報告。
※随筆・宝暦現来集(1831)九「公儀え御達の上、御取計相成候ば」

ご‐たち【御達】

〘名〙 (「ご」は婦人の敬称。「たち」は接尾語)
① 身分ある女性をうやまっていう語。ご婦人がた。
※延喜廿一年京極御息所褒子歌合(921)「ごたちもみな方わきてなむありける」
宮中貴族の家に仕える上級の女房をうやまっていう語。
伊勢物語(10C前)一九「昔、をとこ、宮づかへしける女の方に、ごたちなりける人をあひ知りたりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御達の言及

【御触書集成】より

…江戸幕府では通常の単行法令は,必要に応じて御触書の形で公布した。狭い範囲の人や役所にあてられたものを,とくに御達(おたつし)という。高札(こうさつ)も御触書の一種と見てよい。…

※「御達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android