御里(読み)オサト

デジタル大辞泉の解説

お‐さと【御里】

「実家」をいう尊敬語・美化語。→
言動の端々に表れる、生い立ちや経歴。里。「お里が出る」

み‐さと【御里/京】

みやこ。京都。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おさと【御里】

他人の実家・生家を敬っていう語。
生まれや育ち。また、今までの経歴。 「鼻子の言葉使ひは益ますます-をあらはして来る/吾輩は猫である 漱石
[句項目] 御里が知れる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐さと【御里】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 生まれ育った所をいう尊敬・丁寧語。特に嫁や婿(むこ)の実家。生家。
※雑俳・柳多留‐六一(1812)「お里まで馬もはやめの御使者也」
② 以前の身分、経歴。氏素姓(うじすじょう)
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「鼻子の言葉使ひは益(ますます)御里をあらはして来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android