コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷太郎強悪物語 いかずちたろうごうあくものがたり

4件 の用語解説(雷太郎強悪物語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

雷太郎強悪物語【いかずちたろうごうあくものがたり】

江戸時代の合巻。式亭三馬作。1806年刊。2編10巻10冊(合巻2冊)。雷太郎,無理太郎の二人が悪を重ね,諸国を回るが,主人を彼らに殺された,武蔵調布の商家万屋の一族が浅草観音の利益(りやく)により彼らを見つけ敵討(かたきうち)をとげるという筋。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

いかずちたろうごうあくものがたり〔いかづちタラウガウアクものがたり〕【雷太郎強悪物語】

黄表紙。式亭三馬作、歌川豊国画。文化3年(1806)刊。殺人や強盗などの悪事を重ねる雷太郎を、被害者の家族らが浅草観音の導きで討ち取る敵討物。前後編各5冊だが、合巻仕立てとしたものもあり、以後の合巻形式流行のきっかけとなった点で、日本の製本史上も重要な作品。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いかずちたろうごうあくものがたり【雷太郎強悪物語】

合巻。10冊。式亭三馬作,歌川豊国画。1806年(文化3)刊。〈浅草観音・利益仇討〉と角書(つのがき)がある。武蔵国調布の無頼の徒来太郎(らいたろう)は,雷獣をとりおさえて雷太郎と呼ばれ,仲間の獄卒無理太郎らと殺人強盗などの凶悪を働くが,彼に殺された万屋文右衛門の子息や娘婿,手代らが,浅草観音の利生によって敵討をとげるという筋。実録の《天明水滸伝》によった作で,陰惨残虐な叙述や画面が多く,末期黄表紙,初期合巻の特色をよく表している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雷太郎強悪物語
いかずちたろうごうあくものがたり

式亭三馬(しきていさんば)作の黄表紙(きびょうし)。前後編各5冊。合巻(ごうかん)仕立てで前後編各1冊にしたものもある。初世歌川豊国(とよくに)画。1806年(文化3)刊。「浅草観音/利益仇討(りやくのあだうち)」と角書(つのがき)。悪漢来太郎(らいたろう)は武蔵(むさし)国調布の商家万屋文右衛門(よろずやぶんえもん)の娘お鶴(つる)を手籠(てご)めにし、結婚を承知しない文右衛門を殺した。そのため、葛飾(かつしか)の高(こう)の大之丞(だいのじょう)に嫁していたお鶴は自殺する。来太郎は仲間と悪事を続けていたが、あるとき雷獣を退治して雷太郎(いかずちたろう)と名のる。お鶴の弟亀次郎、大之丞らは、浅草観音の霊夢に導かれ、相模(さがみ)大磯(おおいそ)に潜んでいた雷太郎を討った、という内容である。軽妙、洒落(しゃれ)を生命とする黄表紙の伝統を守っていた三馬が、流行の敵討物(かたきうちもの)に転じたという点と、この作品が黄表紙の合巻化という、製本上の改革に大きい役割を果たしたという点で、文学史上注目されている。[神保五彌]
『本田康雄著『式亭三馬の文芸』(1973・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雷太郎強悪物語の言及

【草双紙物】より

草双紙(合巻(ごうかん))に取材した歌舞伎狂言の一系統。1806年(文化3)刊の式亭三馬作《雷太郎強悪物語(いかずちたろうごうあくものがたり)》をはじめとする合巻は,絵入小説の一種で,当代の人気俳優の似顔によって挿絵が描かれるなど,歌舞伎趣味の色濃く投影された出版物。当初,小説の劇化は劇場人の側から拒絶されてきたが(《作者年中行事》),4世鶴屋南北(合巻での筆名は姥尉輔(うばじようすけ))以降,劇界との交流が生まれ,草双紙の劇化も盛行した。…

※「雷太郎強悪物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雷太郎強悪物語の関連キーワード式亭小三馬歌川豊国(初代)浮世風呂歌川派古今百馬鹿豊国派歌川豊国(2代)歌川豊国(3代)歌川豊国(4代)益亭三友

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone