コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志苔館 しのりたて

日本の城がわかる事典の解説

しのりたて【志苔館】

北海道函館市に残る中世の城館跡。函館空港の滑走路南側の海岸沿いの丘の上に、当時の土塁と空堀、建物や井戸の跡が残っている。郭内は東西70~80m、南北50~65m(約4100m2)ほどの規模を持つ。蝦夷地と呼ばれた北海道に支配が及び始めたのは鎌倉時代ごろで、津軽(現在の青森県)を本拠とした安東氏が蝦夷管領として支配を行った。室町時代には、渡島半島南部には安東氏配下の豪族の館が12あったと伝えられているが、志苔館はその一つである。この館は、南北朝時代の動乱期に、津軽から蝦夷地に渡った上野国(現在の群馬県)出身の小林重弘が築いたとされている。和人の蝦夷地進出に反発したアイヌ民族は、1457年(長禄1)に首長コシャマインに率いられ反乱(コシャマインの乱)を起こし、12の館を攻撃したが、志苔館もその際陥落した。その後、蠣崎(かきざき)氏(のちの松前氏)の祖となった武田信廣により乱は平定されたが、志苔館の主の小林氏は武田信廣に従うことになったため、この館は廃棄された。1968年(昭和43)、この付近の道路工事を行った際、15世紀に埋められたと推定される甕(かめ)が出土し、中から明(みん)の洪武通宝をはじめとする約37万4000枚もの渡来銭(銅銭)が出てきたことから、志苔館は注目される存在になった。JR函館本線函館駅から恵山・石田温泉方面行きバス約23分、志海苔下車後、徒歩約5分。◇志海苔館、志海苔城とも記される。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

志苔館の関連キーワード北海道函館市志海苔町北海道函館市赤坂町函館(市)茂別館跡安東

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android