コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠類 ちゅうるい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忠類
ちゅうるい

北海道南東部,幕別町南部の旧村域。十勝平野の南部にある。 1949年大樹村から分離して成立。 2006年幕別町に編入。地名はアイヌ語のチュルイ (急流の意) に由来。テンサイジャガイモなどの栽培と乳牛を中心とする酪農が主産業。 1969~70年晩成地区でナウマンゾウの化石が発掘された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

忠類

北海道中川郡幕別町にある道の駅。国道236号に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忠類
ちゅうるい

北海道中南部、十勝(とかち)支庁(現、十勝総合振興局)管内にあった広尾(ひろお)郡の旧村名(忠類村(むら))。現在は中川(なかがわ)郡幕別(まくべつ)町の南部を占める地域。旧忠類村は1949年(昭和24)大樹(たいき)村(現大樹町)から分村して成立。2006年(平成18)、幕別町に編入。旧村名はアイヌ語の「チュルイ」(急流の意)に由来。旧村域内を国道236号、336号が通じる。旧国鉄広尾線は1962年バスに転換した。農地のうち約40%は豆、サトウダイコン(テンサイ)、ジャガイモの畑作地。約60%は牧草地で、酪農が主産業。1969年に日本で初めてナウマン象のほぼ完全な骨格が発掘され、忠類ナウマン象記念館に復原骨格や化石標本を展示している。[進藤賢一]
『『忠類村の二十年』(1969・忠類村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

忠類の関連キーワード北海道中川郡幕別町忠類白銀町忠類ナウマン象記念館北海道中川郡幕別町幕別(町)幕別[町]大樹(町)支庁

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忠類の関連情報