コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念仏踊り ねんぶつおどり

大辞林 第三版の解説

ねんぶつおどり【念仏踊り】

太鼓・鉦かね・瓢ふくべなどを打ち鳴らして、念仏・和讃を唱えながら踊ること。また、その踊り。空也に始まるといわれ、鎌倉時代、一遍の時宗派僧侶の遊行ゆぎように用いられて全国に流行した。のち芸能化して、江戸時代には女歌舞伎にも取り入れられた。また、盆踊りの源流といわれる。踊り念仏。空也念仏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

念仏踊りの関連キーワード郷土戦士ジャンガラー香川県綾歌郡綾川町日暮らし・日暮しじゃんがら念仏愛知県新城市湯梨浜(町)風流・浮立おいとこ節ジャンガラ踊り・躍り阿国歌舞伎西郷(村)滝宮天満宮じゃんがら玉川(村)鎌倉時代出雲阿国踊り念仏小歌踊り空也念仏

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念仏踊りの関連情報