コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念仏踊り ねんぶつおどり

大辞林 第三版の解説

ねんぶつおどり【念仏踊り】

太鼓・鉦かね・瓢ふくべなどを打ち鳴らして、念仏・和讃を唱えながら踊ること。また、その踊り。空也に始まるといわれ、鎌倉時代、一遍の時宗派僧侶の遊行ゆぎように用いられて全国に流行した。のち芸能化して、江戸時代には女歌舞伎にも取り入れられた。また、盆踊りの源流といわれる。踊り念仏。空也念仏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念仏踊りの関連情報