コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性行為感染症 セイコウイカンセンショウ

デジタル大辞泉の解説

せいこうい‐かんせんしょう〔セイカウヰカンセンシヤウ〕【性行為感染症】

性行為によって感染する病気の総称梅毒淋病(りんびょう)などの性病エイズ・性器ヘルペス症・クラミジア感染症・膣(ちつ)トリコモナス症・膣カンジダ症ケジラミ症など。性感染症STD(sexually transmitted disease)。→感染症予防法性病

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

性行為感染症【せいこういかんせんしょう】

性交または類似の行為により感染する諸疾患の総称sexually transmitted diseases(略称STD)で,性病を含む。1970年代ころから多様化した性行為,海外旅行者の増加とともに感染症の種類が増加した。
→関連項目尖圭コンジローム低用量ピル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいこういかんせんしょう【性行為感染症 sexually transmitted diseases】

略称STD。性病を含めて性交ないし類似の行為により感染する諸疾患の総称。1970年代になり性行為の多様性が起こり,とくに欧米の同性愛男性間における性行動の活発化とともに,性行為による感染症の種類が増加してきた。感染方式には,通常の性交のほか,口腔や性器へのキスなどによる経口感染や同性愛男性間に行われる肛門性交,さらにはベッドを同じくすることによる寄生虫の感染などがあり,きわめて複雑である。そこで,近年,こうした性行為による感染症を総称して性行為感染症とよぶようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいこういかんせんしょう【性行為感染症】

性行為を通して感染した諸疾患症の総称。従来の性病に加えて、性器ヘルペス・ B 型肝炎・成人 T 細胞白血病( ATL )・エイズなど。性感染症。 STD 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

性行為感染症
せいこういかんせんしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の性行為感染症の言及

【外陰炎】より

…通常の皮膚・粘膜にみられるかぶれ,間擦疹,毛囊炎,癤(せつ)などの炎症性疾患と,性器に特有な炎症とがある。後者には,性行為と関連する感染症(これを性行為感染症という)すなわち性病,性器ヘルペス症,トリコモナス症や真菌(カンジダ)症,バルトリン腺炎などがある。年齢によって好発疾患が異なる。…

【性病】より

…俗に花柳(かりゆう)病などともいわれた。また,性病も含め,性行為によって感染する諸疾患を,性行為感染症と総称する。
[性病の歴史]
 性病によると思われる外陰部の潰瘍については,すでにヒッポクラテスの時代にすでに記載されていた。…

※「性行為感染症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

性行為感染症の関連キーワード単純性ヘルペスウイルス感染症bridal checkエイズ(AIDS)腟トリコモナス症尖圭コンジローママイコプラズマ性器ヘルペス腟カンジダ症日和見感染クラミジア単純疱疹花柳病外陰炎ATL真菌疥癬肝炎

性行為感染症の関連情報