悪報(読み)アクホウ

大辞林 第三版の解説

あくほう【悪報】

悪い知らせ。凶報。 ⇔ 吉報
〘仏〙 悪事が因となって招く悪い果報。悪の報い。 ⇔ 善報

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐ほう【悪報】

〘名〙
① 悪いことをしたのが原因で生じた悪い結果。悪事のむくい。悪果。⇔善報
※今昔(1120頃か)二「前世の殺生の罪に依て地獄に堕ぬ、現在に咒誓(しゅせい)の過に依て悪報を受く」 〔中阿含経‐一〕
② 悪いしらせ。凶報。⇔吉報
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二五「恐らくは君英国より悪報を得たるならん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android