コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿含経 あごんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿含経
あごんきょう

初期仏教典。釈尊の言行を伝え,それを集成したもの。釈尊の滅後,その教説は次第にまとめられて経蔵 sutta-piṭakaを形成し,一方,修行僧の守るべき規則は律蔵 vinaya-piṭakaとしてまとめられた。経蔵は,4または5に分類され,それぞれ阿含または部 nikāyaの名をもって表示された。現在まとまったものとしては,スリランカ,ビルマ (現ミャンマー) ,タイ,カンボジア,ラオス,ベトナムに伝えられているパーリ語の聖典とその相当漢訳である。それによると次のものがある。 (1) 長編の経典を集めた長部 Dīgha-nikāya。漢訳では『長阿含経 (じょうあごんぎょう) 』。 (2) 中編の経の集成である中部 Majjhima-nikāya。漢訳では『中阿含経』。 (3) 短編の経典集の相応部 Saṃyutta-nikāya。漢訳では『雑阿含経 (ぞうあごんぎょう) 』。 (4) 同じく短編の経典を集めた増支部 Anˈguttara-nikāya。漢訳では『増壱阿含経 (ぞういちあごんぎょう) 』。 (5) 『法句経 (ほっくぎょう) 』や『本生経 (ほんじょうぎょう) 』などの種々のものを集めた小部 Khuddaka-nikāya。漢訳では相当文が散在している。一般に,前4世紀から前1世紀にかけて,徐々に作成されたものであろう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あごん‐きょう〔‐キヤウ〕【×含経】

小乗仏教の根本経典。阿含部経典の総称。漢訳経典では長(じょう)・中・雑・増一の四阿含、または小阿含を加えた五阿含とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿含経
あごんきょう

仏教の全資料のうち最古の初期仏教経典の総称。原語(サンスクリット語もパーリ語も同じ)のアーガマgamaの音写。アーガマは「伝来」を意味し、代々伝承されてきた経をいう。ゴータマ・ブッダ(釈迦(しゃか))の言行を収め、仏弟子たちのも混じる。原型はブッダ入滅後まもなくまとめられ、伝承の間に多くのものを付加した。現存の経の成立はかなり遅い。漢訳された全体は、長阿含(じょうあごん)、中阿含(ちゅうあごん)、雑阿含(ぞうあごん)、増一阿含(ぞういちあごん)の四阿含と称し、各々が長短多数の経を含む。ほかにそれらの異訳や一部の独立経典もあり、それらすべては『大正新脩大蔵経(たいしょうしんしゅうだいぞうきょう)』阿含部2巻に収められている。南方仏教にはパーリ語テキストが伝わり、同類のものをニカーヤ(部)とよぶ。そのうち、長部、中部、相応部、増支部は、前記の四阿含に対応しあい、共通の箇所も多いが、また相違点もある。ニカーヤにはほかに小部の15経があり、古い重要な経を含む。ゴータマ・ブッダおよび初期仏教の思想その他は、以上の四阿含と五ニカーヤとを資料としてのみ、学び知ることができる。なおシルク・ロード(とくにトゥルファン)出土本に、阿含経の一部のサンスクリット本があり、整備、校訂されて、第二次世界大戦後ドイツから出版されている。[三枝充悳]
『友松圓諦著『阿含経入門』(1981・講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の阿含経の言及

【阿含】より

…その後教団の確立にしたがい,教法は《経蔵Sutta‐piṭaka》に,規律は《律蔵Vinaya‐piṭaka》に,それぞれ集大成された。このうち経蔵は,長,中,相応,増支の阿含あるいはニカーヤnikāya(部)に分けられていて,全体を総称して阿含,阿含経という。スリランカ,ミャンマー,タイなどの南方仏教圏で根本聖典として伝承され,上座分別説部という一派が伝えた,パーリ語で書かれた5ニカーヤ(長部,中部,相応部,増支部,小部)が今日まで保存されている。…

※「阿含経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿含経の関連キーワードリチャード ピッシェル優填王思慕像雨車軸の如し求那跋陀羅高畠 寛我上毛野大川ビャクダン増一阿含経増谷 文雄三時教判仏陀耶舎十六羅漢南方仏教小乗仏教五教十宗五時八教六十二見四阿含経小乗教四天王