コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗟嘆/嗟歎 サタン

デジタル大辞泉の解説

さ‐たん【×嗟嘆/××歎】

[名](スル)
なげくこと。「才能のなさに―するばかりだ」
非常に感心して褒めること。賞。「名演技に―の声があがる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

嗟嘆/嗟歎の関連キーワード嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛些・佐・作・叉・唆・嗟・嵯・左・差・査・沙・瑣・砂・磋・茶・裟・詐・蹉・鎖スペンサー(Edmund Spenser)嘆嗟・歎嗟マラルメ源雅定嘆嗟

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android