コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲劇の誕生 ひげきのたんじょうDie Geburt der Tragödie aus dem Geiste der Musik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悲劇の誕生
ひげきのたんじょう
Die Geburt der Tragödie aus dem Geiste der Musik

ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの著書。 1872年刊。正確には『音楽の精神からの悲劇の誕生』。出版直後にウィラモウィッツ=メレンドルフをはじめとする文献学者の反論をあびた。処女作であるが,86年に自己批判の序文を加えて改訂再版された。ギリシア悲劇の理論として明朗なアポロ的要素と,混沌と陶酔の音楽精神としてのディオニュソス的要素とを想定し,両者の統合によって偉大な悲劇が生れるとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悲劇の誕生
ひげきのたんじょう
Die Geburt der Tragdie

ニーチェの処女作。1872年『音楽の精神からの悲劇の誕生』と題して出版され、86年「自己批判の試み」を冠した新版で、『悲劇の誕生、あるいはギリシア精神と厭世(えんせい)主義』と改題された。古典文献学の研究を土台として、ショーペンハウアーの厭世主義思想を借りながら、ギリシア悲劇の成立と変遷を探り、さらにソクラテス以後の主知主義の批判を通じて、ワーグナーの音楽に近代ドイツ文化におけるヘレニズム的生命の再興を期待するという内容をもつ。従来の古代観の中心にある、いわゆる調和的なギリシア的晴朗さはアポロン的仮象にすぎず、その背後に、より根源的な音楽の精神、衝動的・破壊的なディオニソス的陶酔が存在したと考えることによって、新しい力動的なギリシア観を提出した。[伊東祐之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

悲劇の誕生の関連キーワードナンシー(Jeanツァラトゥストラはこう語ったディオニソス的・アポロン的フリードリヒ・ニーチェニーチェ(年譜)ディオニュソスシェークスピア秋山 英夫アポロン的伊東祐之仮面劇ローデ遊戯舞踊

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android