コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惣荘 そうしょう

世界大百科事典 第2版の解説

そうしょう【惣荘】

中世の農村の自治組織の一つ。が荘園を単位に,特権的な名主層だけによって構成される段階を特定して呼ぶ場合と,広範な諸階層の百姓によって構成される段階の惣村まで含めて呼ぶ場合とがある。前者は今日の研究者の間で用いられる学術上の概念で,惣荘から惣村への発展,というように用いられ,主として室町期の惣村に対して,鎌倉時代の惣結合をさす。後者は当時の史料上に見られる呼称で,百姓が自分たちの組織を自称するときは,〈地下中(じげちゆう)〉〈惣百姓〉などとともに,惣荘の語をよく使った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

惣荘
そうしょう

中世における農民の自治的村落結合(惣)。13世紀以来、とくに畿内(きない)・近国の荘園村落では、農業生産力の向上、分業流通の進展などを背景に小農民の経営自立化が進んだ。それを受けて、名主(みょうしゅ)層を中心とした平安期以来の閉鎖的な中世初期村落に変化が生じ、荘園制の枠組みを前提とした鎌倉期的村落としての惣荘が形成された。その特徴は従来の名主層を中心としながらも、鎌倉末から南北朝内乱期の過程で発生した、新しい百姓名の名主も加えて全荘規模の名主がこの運営にあたった点である。その後、惣荘はさらに地域的結合が強化され、室町期のより自治性の進んだ惣村(そうそん)へと発展していった。なお、この惣村の段階までを含めて、惣荘という場合もある。[堀内寛康]
『永原慶二著『中世内乱期の社会と民衆』(1977・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の惣荘の言及

【惣】より

…惣の字は〈すべて〉〈全体〉の意味の国字であるが,中世には自治的な団体や地域に冠して用いることが多い。例えば惣国,惣郷,惣荘,惣村,惣百姓,惣寺(山)などの語があり,それぞれの単位で寄合を持ち,その寄合の構成員の総意によって事を決した。そして中世後期には,その団体や執行機関自体を惣と呼ぶようになった。…

※「惣荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報