コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擦る コスル

デジタル大辞泉の解説

こす・る【擦る】

[動ラ五(四)]
物を他の物に強く押し当てたままで動かす。また、そのように繰り返し続けて動かす。「目を―・る」「あかを―・る」「電柱に車体を―・る」
遠回しにいやみや皮肉を言う。あてこする。
「如何(どん)なに―・られても、左程にも感じなかったが」〈二葉亭其面影
[可能]こすれる

す・る【擦る/摩る/磨る】

[動ラ五(四)]
物に、他の物を強く触れ合わせて動かす。こする。「マッチを―・る」
物の表面に他の物を押し付けて繰り返し動かす。「やすりで―・って仕上げる」「墨を―・る」
賭事(かけごと)などで、金を使ってなくす。費やす。すり減らす。「競馬で財産を―・った」「元も子も―・ってしまう」
(「擂る」と書く)すり鉢などに入れて、触れ合わせて細かく砕く。「味噌を―・る」
[可能]すれる
[動ラ下二]すれる」の文語形

なす・る【擦る】

[動ラ五(四)]
物の表面に他の物をつけようとして、軽くこする。「顔に墨を―・る」
責任・罪などを他の人に負わせる。転嫁する。「失敗の責任を部下に―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こする【擦る】

( 動五[四] )
物に他の物を押し当てて何度も動かす。摩擦する。 「背中をへちまで-・る」 「眠い目を-・りながら勉強する」 「冷えた手を-・って温める」
他の事にかこつけて皮肉をいう。あてこする。 「如何どんなに-・られても、左程にも感じなかつたが/其面影 四迷
[可能] こすれる

なする【擦る】

( 動五[四] )
ぬりつける。すりつける。 「手の汚れをズボンに-・る」 「石炭の灰を解いて面へ-・るといふことだ/西洋道中膝栗毛 魯文
罪や責任を他人に負わせる。 「罪を小岩へ-・らうとは以ての外の心得違ひ/人情本・恩愛二葉草」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

擦るの関連キーワード擦る・摩る・磨る・擂る同音語のアクセント当たる・当る・中るマッチ売りの少女バイオリン属ミヤギノハギフリクション這う・延う弦鳴楽器かけごと反則投球寺山修司すり鉢やすり4WS胡弓悴む賭事石摺楽器

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

擦るの関連情報