コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擦る コスル

デジタル大辞泉の解説

こす・る【擦る】

[動ラ五(四)]
物を他の物に強く押し当てたままで動かす。また、そのように繰り返し続けて動かす。「目を―・る」「あかを―・る」「電柱に車体を―・る」
遠回しにいやみや皮肉を言う。あてこする。
「如何(どん)なに―・られても、左程にも感じなかったが」〈二葉亭其面影
[可能]こすれる

す・る【擦る/摩る/磨る】

[動ラ五(四)]
物に、他の物を強く触れ合わせて動かす。こする。「マッチを―・る」
物の表面に他の物を押し付けて繰り返し動かす。「やすりで―・って仕上げる」「墨を―・る」
賭事(かけごと)などで、金を使ってなくす。費やす。すり減らす。「競馬で財産を―・った」「元も子も―・ってしまう」
(「擂る」と書く)すり鉢などに入れて、触れ合わせて細かく砕く。「味噌を―・る」
[可能]すれる
[動ラ下二]すれる」の文語形。

なす・る【擦る】

[動ラ五(四)]
物の表面に他の物をつけようとして、軽くこする。「顔に墨を―・る」
責任・罪などを他の人に負わせる。転嫁する。「失敗の責任を部下に―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こする【擦る】

( 動五[四] )
物に他の物を押し当てて何度も動かす。摩擦する。 「背中をへちまで-・る」 「眠い目を-・りながら勉強する」 「冷えた手を-・って温める」
他の事にかこつけて皮肉をいう。あてこする。 「如何どんなに-・られても、左程にも感じなかつたが/其面影 四迷
[可能] こすれる

なする【擦る】

( 動五[四] )
ぬりつける。すりつける。 「手の汚れをズボンに-・る」 「石炭の灰を解いて面へ-・るといふことだ/西洋道中膝栗毛 魯文
罪や責任を他人に負わせる。 「罪を小岩へ-・らうとは以ての外の心得違ひ/人情本・恩愛二葉草」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

擦るの関連情報