(読み)はばかる

精選版 日本国語大辞典「憚」の解説

はばか・る【憚】

(「はばむ(阻)」と同源。のちに「はびこる」と混同され、また、「はば(幅)」を活用させた語という意識も生じた)
[1] 〘自ラ五(四)〙
① 対象を敬遠する気持があって距離を置く。差し障りがあってうまくいかなくなる。行き悩む。遠慮する。
書紀(720)天智一〇年一二月・歌謡「赤駒の い行き波々箇屡(ハバカル) 真葛原 何の伝言 直にし良(え)けむ」
※万葉(8C後)二〇・四三七二「荒し男も 立しや波婆可流(ハバカル) 不破の関 越(く)えて我(わ)は行く」
② いっぱいになる。満ちふさがる。はびこる。
※散木奇歌集(1128頃)釈教「彌陀の身も天のみ空にはばかりてよもせばしとや思ひ知るらん」
③ いばる。幅をきかせる。「憎まれっ子世にはばかる」
※古文真宝笑雲抄(1525)一「天下にはばかるほどの欲をするものを戒るぞ」
[2] 〘他ラ五(四)〙
① (対象との間に差し障りのあることから) 恐れつつしむ。気がねする。遠慮する。
※書紀(720)仁徳四〇年二月(前田本)「然るに皇后の言に重(ハハカリ)、亦友于之義(このかみおとふとのことわり)に敦(あつ)くまして忍びて罪(つみせ)ず」
※源氏(1001‐14頃)蓬生「睦び聞えさせんも、はばかる事多くて」
※ロマネスク(1934)〈太宰治〉嘘の三郎「黄村は〈略〉あたりをはばかるやうな低い声で問うた」 〔論語‐学而〕
② 忌みきらう。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)五「身命を惜しまず、疲労を憚(ハハカラ)ずある応し」
③ とむらう。葬式を出す。〔文明本節用集(室町中)〕

はばかり【憚】

〘名〙 (動詞「はばかる(憚)」の連用形の名詞化)
① 恐れつつしむこと。差し控えること。恐縮。遠慮。
※枕(10C終)一一一「ただごえの関は、はばかりの関とたとしへなくこそおぼゆれ」
※其面影(1906)〈二葉亭四迷〉二四「お酌は憚りだが先生に願ふで」
② さしつかえがあること。さしさわり。支障。
※源氏(1001‐14頃)賢木「よはひの程よりは、世をまつりごたむにも、をさをさ、はばかりあるまじうなむ」
③ (形動) 「はばかりさま(憚様)①」の略。
※黄表紙・嗚呼奇々羅金鶏(1789)「おちかつきのため、はばかりを申ませふ」
④ (人目をはばかる所の意) 便所。はばかりじょ。はばかりば。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「あの人が雪隠(ハバカリ)へ這入って居ようとは」

はばからわはばからはし【憚】

〘形シク〙 はばかるべきである。はばかりがある。はばからし。
※浜松中納言(11C中)三「御おもてぶせにもあるべきかなと、はばからはしうおぼせど」
はばからわし‐さ
〘名〙

はばし【憚】

〘形シク〙 はばかられる。はばかりがある。気がおける。はばからわし
※今物語(1239頃)「下臈はいかでかとはばしくいひけるを」

はばからし【憚】

〘形シク〙 =はばからわし(憚)
※今(1170)一「おはし合へる所はばからしけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android