コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成瀬無極 なるせむきょく

3件 の用語解説(成瀬無極の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成瀬無極
なるせむきょく

[生]1884.4.26. 東京
[没]1958.1.4. 東京
ドイツ文学者,評論家。本名,清。第一高等学校を経て 1907年東京大学独文科卒業。慶應義塾大学第三高等学校教授を経て 30年京都大学教授。文学博士。著書『近代独逸文学』 (1921) ,『疾風怒濤時代と現代独逸文学』 (29) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成瀬無極 なるせ-むきょく

1885-1958 大正-昭和時代のドイツ文学者。
明治18年4月26日生まれ。三高教授をへて昭和5年京都帝大教授。「疾風怒濤(しっぷうどとう)時代と現代独逸(ドイツ)文学」などをあらわし,トーマス=マンやイプセンなどを翻訳。戯曲もかいた。6年日本ゲーテ協会を創立。戦後は慶大教授。昭和33年1月4日死去。72歳。東京出身。東京帝大卒。本名は清。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成瀬無極
なるせむきょく
(1884―1958)

独文学者。本名清。東京生まれ。東京帝国大学独文科卒業。慶大、旧制三高、京大教授を歴任。ドイツ近代戯曲を研究、自らの劇作もある。わが国初期のドイツ文学研究において、吹田順助小牧健夫(たけお)とともに三羽烏(がらす)といわれた。『近代独逸(ドイツ)文芸思潮』『疾風怒濤(しっぷうどとう)時代と現代独逸文学』『懺悔(ざんげ)としての文学』のほか、『面影草(おもかげぐさ)』『無極集』などの著書がある。また、イプセン、ハウプトマンの戯曲の翻訳もある。日本ゲーテ協会会長も務めた。[高橋英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成瀬無極の関連キーワード池田清池田浩士伊藤吉之助内山貞三郎江間道助上村清延吉川晴十関口存男鼓常良林道倫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone