コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成瀬無極 なるせむきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成瀬無極
なるせむきょく

[生]1884.4.26. 東京
[没]1958.1.4. 東京
ドイツ文学者,評論家。本名,清。第一高等学校を経て 1907年東京大学独文科卒業。慶應義塾大学,第三高等学校教授を経て 30年京都大学教授。文学博士著書『近代独逸文学』 (1921) ,『疾風怒濤時代と現代独逸文学』 (29) など。 31年日本ゲーテ協会の創立参画,のち会長をつとめた。関西劇団の指導にあたるなど,京都にあって自由主義的学風で第2次世界大戦中の風潮に抵抗した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成瀬無極 なるせ-むきょく

1885-1958 大正-昭和時代のドイツ文学者。
明治18年4月26日生まれ。三高教授をへて昭和5年京都帝大教授。「疾風怒濤(しっぷうどとう)時代と現代独逸(ドイツ)文学」などをあらわし,トーマス=マンやイプセンなどを翻訳。戯曲もかいた。6年日本ゲーテ協会を創立。戦後は慶大教授。昭和33年1月4日死去。72歳。東京出身。東京帝大卒。本名は清。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成瀬無極
なるせむきょく
(1884―1958)

独文学者。本名清。東京生まれ。東京帝国大学独文科卒業。慶大、旧制三高、京大教授を歴任。ドイツ近代戯曲を研究、自らの劇作もある。わが国初期のドイツ文学研究において、吹田順助小牧健夫(たけお)とともに三羽烏(がらす)といわれた。『近代独逸(ドイツ)文芸思潮』『疾風怒濤(しっぷうどとう)時代と現代独逸文学』『懺悔(ざんげ)としての文学』のほか、『面影草(おもかげぐさ)』『無極集』などの著書がある。また、イプセン、ハウプトマンの戯曲の翻訳もある。日本ゲーテ協会会長も務めた。[高橋英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

成瀬無極の関連キーワードハウプトマン(Gerhart Hauptmann)昭和時代高橋英夫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android