コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸川残花

美術人名辞典の解説

戸川残花

詩人・評論家。本名安宅。キリスト教に入り牧師となる。傍ら『文学界』の客員となり「弔歌桂川」「明智光秀」等の詩文を発表。また日本女子大の創立に参画する。江戸時代史の研究に着手し、雑誌『旧幕府』を刊行。著書に『幕末小史』『海舟先生』がある大正13年(1924)歿、69才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

戸川残花【とがわざんか】

詩人,評論家。本名安宅(やすいえ)。通称隼人。江戸生れ。1874年に受洗,1883年から関西へ伝道活動。のち麹町教会の牧師となり,《伝道師》《童蒙 賛美歌》《新撰賛美歌のてびき》などを刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸川残花 とがわ-ざんか

1855-1924 明治-大正時代の詩人,評論家。
安政2年10月22日生まれ。もと旗本。維新後,大学南校,慶応義塾などにまなぶ。牧師として活躍する一方,「文学界」に長詩「桂川」などを発表する。江戸時代史を研究し,「旧幕府」を主宰。紀州徳川家南葵(なんき)文庫主任。日本女子大教授。大正13年12月8日死去。70歳。江戸出身。本名は安宅(やすいえ)。著作に「幕末小史」など。
【格言など】俳は禅にあらず,禅にあらざるにもあらず(「古今名流俳句談」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

戸川残花

没年:大正13.12.8(1924)
生年:安政2.10.22(1855.12.1)
明治大正期の宗教啓蒙家,文学者。江戸時代史家。江戸牛込原町に生まれる。実名安宅。幕府の大身の旗本。若いころは,関西で伝道に従事し,和歌を詠み新体詩の詩人であったが,明治30(1897)年から雑誌『旧幕府』を主宰し,おおいに江戸幕府の政治や人物の紹介に努め,佐幕派の名士を結集し,紀州徳川家南葵文庫の管理維持にも貢献した。また三越百貨店と提携して武家の行事や風俗について啓蒙活動をした。日本女子大学の創立に尽力し,晩年は宗教思想の啓蒙的評論に活躍した。<著作>『三百諸公』『幕末小史』

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の戸川残花の言及

【文学界】より

…最初の同人は,理論的中核となった北村透谷,島崎藤村,平田禿木(とくぼく),戸川秋骨,天知とその弟星野夕影(せきえい)。のちに戸川残花,馬場孤蝶が加わった。ロマン主義的な個性の重視と社会的関心の持続とによって,同人それぞれの才能を開花させた注目すべき雑誌であったが,透谷の死後,上田敏(柳村)が同人となり,芸術至上主義的傾向を強めたとされている。…

※「戸川残花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone