コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手合(わ)せ テアワセ

デジタル大辞泉の解説

て‐あわせ〔‐あはせ〕【手合(わ)せ】

[名](スル)
相手となって勝負をすること。「有段者と手合わせする」「碁の手合わせ
売買の契約を結ぶこと。手打ち。
「生糸の―も順調に行なわれた」〈藤村夜明け前
相手との最初の戦い。
「平家の一族追討のために上洛せしむる―に」〈平家・一一〉
剃刀(かみそり)を使う前などに、刃を手のひらに当てたりして、切れ味をみること。
「また剃刀を引き寄せて―しながら取り延べて」〈虎明狂・忠喜〉
薬などを自分の手で調合すること。
「秤目(はかりめ)の違ひなきやうに―念を入れ」〈浮・永代蔵・三〉
捏(こ)ね取(ど)り」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

手合(わ)せの関連キーワード手のひらかみそり切れ味手打ち童唄しむ生糸秤目剃刀

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android