玲瓏(読み)レイロウ

デジタル大辞泉の解説

れい‐ろう【××瓏】

[形動][文][ナリ]1に同じ。
「玉のように―な詩人らしく見え」〈漱石行人
[ト・タル][文][形動タリ]
玉などが透き通るように美しいさま。また、玉のように輝くさま。「玲瓏たる山月」「八面玲瓏
玉などの触れ合って美しく鳴るさま。また、音声の澄んで響くさま。「玲瓏たるの音」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいろう【玲瓏】

( トタル ) [文] 形動タリ 
金属・玉などがさえた美しい音で鳴るさま。また、玉を思わせる美しい声の形容。 「顔に似合はぬ-たる美音で演説を始めた/くれの廿八日 魯庵
玉のように美しく輝くさま。さえて鮮やかなさま。 「蜃中楼とは蜃はまぐりが吐出した気の中に-たる楼閣が…出現せるを申せし/蜃中楼 柳浪
( 形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「玉のやうに-な詩人らしく見え/行人 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れい‐ろう【玲瓏】

〘形動ナリ・タリ〙
① 玉などが透きとおっているさま。また、明るく光り輝くさま。
※懐風藻(751)七夕〈山田三方〉「窈窕鳴衣玉、玲瓏映彩舟
※連歌比況集(1509頃)「露の外の水を見るに、瓏として四方八面(いづれ)の方より見んも曇なからむが如し」 〔孫綽‐天台山賦〕
② 金属や玉などが触れ合って、冴えた音で鳴るさま。また、音声の澄んで響き渡るさま。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・傀儡子孫君〈大江匡房〉「旅舶逢君渡不窮。貫珠歌曲正玲瓏」 〔班固‐東都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玲瓏の関連情報