コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打杖 うちづえ

世界大百科事典 第2版の解説

うちづえ【打杖】

能楽・狂言や舞踊などの小道具。《紅葉狩》《春日竜神》《道成寺》などで後ジテの鬼や竜神が相手方に打ちかかる演技等に使う。丁字形で長さ70cmほど,細竹に曲によって紺,白,赤,萌黄などの布(香緞)を巻く。狂言の打杖は《靱(うつぼ)猿》《釣狐》などに用いる鞭で約60cmほどの細い女竹。一般に折檻の杖を称する場合もあるが,本来は鬼など異神の武器の一つと考えられ,転じて民俗信仰では寿福をもたらしたり,死者を蘇らせたりする杖とも考えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

打杖の関連キーワード能楽

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android