コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打越 うちこし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

打越
うちこし

江戸時代、大坂から商品荷物を江戸近国、奥羽方面に送り、また逆に奥羽・東国方面から大坂に送り荷するとき、江戸問屋を経由せずに直送することを打越といい、その荷物を江戸打越荷物、打越通荷物などといった。当時の商慣習では打越は厳禁であり、違反すると荷物の積み戻しが命じられた。ただし、十組問屋成立前から船舶・駄送で江戸を経ずに送り荷する旧慣のあるものは除外されている。この慣習が公認され制度化されたのは1726年(享保11)町奉行(まちぶぎょう)大岡忠相(ただすけ)のときであるという。幕府は同年、江戸住民の生活必需物資15品の問屋に仲間を結成させているから、打越禁止令は江戸問屋の独占保護による江戸の生活物資確保の政策の一環をなすものであった。禁令は、1841年(天保12)の株仲間解散により廃止されたが、51年(嘉永4)の再興令で復活した。しかし新興の在方商人が需要地に荷物を直送する状勢が進行するなかで禁令は形骸(けいがい)化した。横浜開港以後さらにこの風潮が強まると、幕府は60年(万延1)閏(うるう)3月、五品江戸廻送(かいそう)令を発して打越禁止の復活強化を図ったが、十分な効果を発揮しえないまま明治維新に至った。[村井益男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

打越の関連キーワードファンキーハットの快男児 二千万円の腕配偶者暴力防止法白土 松吉稲荷山古墳見立て付け船木田荘打ち靡く白土松吉ナトコ掛合い三つ物打越町広み向拝連句

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打越の関連情報