コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折柄 オリカラ

デジタル大辞泉の解説

おり‐から〔をり‐〕【折柄】

ちょうどその時。折しも。副詞的にも用いる。「折柄の豪雨をついて出発」「折柄聞こえる祭り囃子(ばやし)」
(接続助詞的に用いる)…の時なので。…の時節だから。「天候不順の折柄
その物事にふさわしい折。ちょうどよい折。
「はかないことも、所柄―なりけり」〈紫式部日記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おりから【折柄】

(多く副詞的に用いる)ちょうどその時。折しも。 「 -の風に花も散る」 「 -夕立が激しく降り出した」
〔名詞「折」に格助詞「から」の付いたもの〕 (接続助詞的に用いる)…の時であるから。手紙などに用いる語。 「酷暑の-御自愛下さい」
ちょうどよい時。ふさわしい時。 「 -の思ひかけぬ心地して、胸にあたりけるにや/徒然 41

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

折柄の関連キーワード濡れ掛る為置く息急き格助詞所柄炭疽小子傾危心地

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

折柄の関連情報