コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁度 チョウド

2件 の用語解説(丁度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ど〔ちやう‐〕【丁度】

[副]《「丁(ちょう)と」からできた語か。「丁度」は当て字》
ある基準に、過不足なく一致するさま。きっかり。ぴったり。きっちり。「丁度約束の時間に着く」「ブラジルは丁度日本の裏側にある」
ある物事が期待・目的にうまく合うさま。折よく。都合よく。「丁度よいところへ来てくれた」「丁度手があいたところだ」
ある物事が、そのときまさに行われているさま。「丁度うわさをしていたところだ」
(「恰度」とも当てて書く)そっくりそのままある物事にたとえられるさま。まるで。さながら。「丁度秋晴れの空のような深い青」
酒などの分量が多いさま。たっぷり。十分に。
「納めの杯、坂部も―下されて」〈浄・宵庚申

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうど【丁度】

( 副 )
余分や不足なくぴったりと一致しているさま。ぴったり。きっちり。 「 -体に合う」 「定員-だ」 「八時-に終了」
ある期待・予想にぴったりとあうさま。 「その帽子は服に-似合っている」
ある時期にぴったりと合うさま。
まさにその時。 「 -バスが来た」
たった今。 「兄は-出かけたところです」 「 -行こうとしたところだ」
(多く下に「ようだ」などを伴って)そのものの形状・性質などが、別のあるものによく似ているさま。まるで。あたかも。 「月は-鏡のように見えた」 〔「丁度」は当て字〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丁度の言及

【武経総要】より

…中国,北宋代の兵書。曾公亮(そうこうりよう),丁度(ていたく)らの奉勅撰。40巻。…

【礼部韻略】より

…中国,宋の丁度らの撰した韻書。1007年(景徳4)に戚倫らの撰した《韻略》を修訂し,1037年(景祐4)に刊行された。…

※「丁度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丁度の関連キーワードごちょごちょ鞦韆ちょびちょび丁字成る丈根金際夢更両思い杜澂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丁度の関連情報