コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗線 テイコウセン

デジタル大辞泉の解説

ていこう‐せん〔テイカウ‐〕【抵抗線】

敵の攻撃を阻止するための防御線。
ニクロム線・タングステン線などの電気抵抗の大きい導線。
株価為替相場などの推移を示すチャートで過去の上値を結んだ線。天井となり反落に転じると予想される。価格がこの線を超えて上昇することをブレークアウトという。上値抵抗線レジスタンスライン。→支持線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていこうせん【抵抗線】

敵の攻撃を阻止するための防御線。
電気エネルギーを熱エネルギーに変え、また電流を小さくするために使用するニクロム線やタングステン線など固有抵抗の大きい導線。電熱器・抵抗器などに使用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android