コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)出す オシダス

デジタル大辞泉の解説

おし‐だ・す【押(し)出す】

[動サ五(四)]
押して中から外へ出す。「土俵の外へ―・す」
いちだんと強く打ち出す。目立つようにする。「高級感を前面に―・した商品」
大ぜいの人数で出かける。くりだす。「みんなで花見に―・す」
公然のものとなる。よく知れ渡る。
「(延暦寺、円城寺ハ)ともに―・したる霊場なり」〈本朝文選・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

押(し)出すの関連キーワード水押し[油層・ガス層]ニホンクモヒトデガスキャップ押しテープラーポンププランジャポンプエッキュクレマ民族解放運動容積式ポンプクールナン拡散ポンプ水オルガン回転ポンプロケットクリープキュプラ立毛筋遊底皮目腹圧

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android