コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抽分銭 ちゅうぶんせん

4件 の用語解説(抽分銭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抽分銭
ちゅうぶんせん

室町時代に中国,明との間に行われた勘合貿易の輸入税。遣明船 (勘合船 ) による輸入物の国内売価の 10分の1が徴収された。 15世紀後半には,堺の商人が1艘につき 3000~4000貫の抽分銭を払って貿易を独占していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうぶん‐せん〔チウブン‐〕【抽分銭】

室町時代の輸入税の一。と貿易した勘合船の経営者である幕府・寺社・大名が、便乗する商人に輸入額の10分の1を課したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうぶんせん【抽分銭】

室町時代、幕府や大名などが勘合貿易船に便乗した貿易商人から徴収した税。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抽分銭
ちゅうぶんせん

室町時代に行われた勘合(かんごう)貿易の輸入品に対する一種の課税。遣明(けんみん)船帰国後、搭乗した商人の輸入品総額を国内価格で算定し、その10分の1を船の経営者が徴収した。経営者である幕府、守護大名、寺院などは富裕な商人を多く乗せて抽分銭を増やすことに心を配った。しかし1476年(文明8)堺(さかい)を発した遣明船以後、幕府船、細川船について堺商人が出航前にあらかじめ抽分銭額を請け負うようになった。経営者に対し輸入額のいかんにかかわらず、一隻につき3000~4000貫文の納入を契約している。そのほかでは一隻で1000貫文、2000貫文の例もみられる。このような請負制では経営者はしだいに名目的なものとなり、商人が経営の実権を握り、ことに堺商人が貿易を独占する傾向を強めた。[池上裕子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抽分銭の関連キーワード勘合船勘合符勘合貿易日明貿易角髱遣明使上覧相撲時代切北絹商都・柳井

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone