コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拘束預金 こうそくよきん

4件 の用語解説(拘束預金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拘束預金
こうそくよきん

金融機関が貸出しの条件として,貸出し先の預金の払出しについて拘束あるいは制約している預金をいう。拘束の態様によって担保預金,見返り預金見合い預金,にらみ預金に区分される。さらに広義には歩積預金・両建預金を含める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうそく‐よきん【拘束預金】

銀行が債権担保の目的で預金者の自由な処分を制限する預金の総称。担保預金・見返り預金など。財務省通達で禁止されているが、金融機関の慣行として存続している。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうそくよきん【拘束預金】

銀行が預金者の自由な処分を制限している預金。担保にとった担保預金、担保権を設定せずに預金を留保する見合わせ預金、担保書類の一部を保有する見返り預金など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拘束預金
こうそくよきん

金融機関が顧客の払出しを拘束している預金であり、債務者の預金が対象とされる。債務者預金は、広義には貸出と両建てとなっていることから、すべて両建て預金といえるが、拘束預金は、債務者が自由に使えないという制限を受けていることから、「狭義の両建て預金」といわれる。
 拘束預金は、拘束の態様によって、担保預金、見返り預金、見合い預金の三つに分類される。担保預金は、正式に担保権を設定したものであり、見返り預金は、担保権設定に必要な書類の一部または全部を徴求しているが、その手続は留保しているものをいい、見合い預金は、担保または見返りの方法はとらないで、金融機関において預金額を留保し、拘束しているものをさす。
 拘束預金の増加は、総じて金融機関にとっては実質貸出金利の上昇となるが、債務者にとっては実質金利負担の増大となることなどから、金融庁は、拘束預金が過度に行われることのないように厳しく指導している。[太田和男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の拘束預金の言及

【歩積・両建預金】より

…金融機関の顧客に対する貸付けおよび手形割引に関連して作成される拘束性預金の総称。拘束性預金とは,債務者から受け入れた預金のうち,債務者が自由に払い戻すことができないように金融機関が拘束している預金のことをいう。手形割引,商業手形担保の貸付けに際し,その一定割合によって作成されるものを歩積預金という。また,金融機関が貸出しを行う際に,その貸付金の一部を強制的に預金させる場合,あるいは顧客が預金の引出しにより資金調達をしようとする際に,預金引出しの代りに金融機関が貸出しによって顧客の資金需要にこたえる場合,これらの預金を両建預金という。…

※「拘束預金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拘束預金の関連情報