コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縛る シバル

デジタル大辞泉の解説

しば・る【縛る】

[動ラ五(四)]
縄やひもなどを巻きつけ、一つにまとめて結ぶ。また、動きが取れないようにひもや縄などで巻きつける。結わえる。くくる。「古新聞をひもで―・る」「後ろ手に―・る」
自由にできないように制限する。束縛する。「規則で―・る」「時間に―・られる」
括(くく)る[用法]
[可能]しばれる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しばる【縛る】

( 動五[四] )
ひもや縄などを巻きつけて結び、離れたり、動いたりしないようにする。 「小包をひもで-・る」 「傷口を-・る」
自由に行動することを制限する。束縛する。 「義理に-・られる」 「時間に-・られる」 「学則で生徒を-・る」
捕らえて縄などをかけ、動けないようにする。 「 - ・りて光遠がもとへ具して行きぬ/宇治拾遺 13
[可能] しばれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

縛るの関連情報