コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縛る シバル

デジタル大辞泉の解説

しば・る【縛る】

[動ラ五(四)]
縄やひもなどを巻きつけ、一つにまとめて結ぶ。また、動きが取れないようにひもや縄などで巻きつける。結わえる。くくる。「古新聞をひもで―・る」「後ろ手に―・る」
自由にできないように制限する。束縛する。「規則で―・る」「時間に―・られる」
括(くく)る用法
[可能]しばれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しばる【縛る】

( 動五[四] )
ひもや縄などを巻きつけて結び、離れたり、動いたりしないようにする。 「小包をひもで-・る」 「傷口を-・る」
自由に行動することを制限する。束縛する。 「義理に-・られる」 「時間に-・られる」 「学則で生徒を-・る」
捕らえて縄などをかけ、動けないようにする。 「 - ・りて光遠がもとへ具して行きぬ/宇治拾遺 13
[可能] しばれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縛るの関連キーワード取り縄・捕り縄・取縄・捕縄エスパドリーユバインディング不動の金縛り中型まき網漁鹿の子結い亀の子縛りキスリング縄を掛ける縛り上げる八重十文字明朝綴じイカット自縄自縛締め括りチュール縄を打つ指貫籠手引詰めるぎりぎり

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縛るの関連情報