掌中の珠(読み)しょうちゅうのたま

故事成語を知る辞典「掌中の珠」の解説

掌中の珠

とても大切にしているもののたとえ。また、最愛の子どもや家族のたとえ。

[使用例] お父さんが一目見て、ああ、この青年になら今日まで、掌中珠玉として育てて来た娘を、安心してわたせる[源氏鶏太停年退職|1963]

[由来] 三世紀の中国、西せいしん王朝の時代の文人、げん、「短歌行」の一節から。「以前、あなたは私を『掌中の珠(手のひらの中にある真珠)』のように見ていたのに、どうしてある日、私をどぶに捨てたのですか」と、愛する人に捨てられた悲しみをうたっています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「掌中の珠」の解説

掌中(しょうちゅう)の珠(たま)

手の中の珠。最も大切にしているもの。特に、最愛の子。「娘を掌中の珠といつくしみ育てる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「掌中の珠」の解説

しょうちゅう【掌中】 の 珠(たま)

手の内にある珠。掌珠。転じて、大切なもの。大事なもの。また、最愛の子どもや妻にたとえていう語。
※俳諧・東西夜話(1702)「晉子が門葉の耳なれたる人は、掌中の玉を見るよりなをあきらかにしりたれど」
※黄表紙・心学早染艸(1790)上「両親しゃう中の玉のごとくいとおしみ育てけるにぞ」 〔傅玄‐短歌行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典「掌中の珠」の解説

掌中の珠

手の中にある珠玉。自分の持っている大切なもの。大事なもの。転じて、最愛の子どもや妻のたとえ。

[使用例] 我が手に彼を救うてこれを掌中の玉とせんか[泉鏡花*湯島詣|1899]

[解説] 傅玄の「短歌行」にあることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android