コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掌中歴 しょうちゅうれき

百科事典マイペディアの解説

掌中歴【しょうちゅうれき】

平安時代後期の百科事典ともいうべき書物。編者は算博士(さんはかせ)三善為康(みよしためやす)。書名は自分の心覚えとしての簡略な事典の意。4巻からなっていたが,現在伝わるのは1巻のみ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうちゅうれき【掌中歴】

平安時代末期の百科全書的な書物。書名は,他人に見せるためでなく,自分の心覚えのための簡便な事典というほどの意味。天文,歳時,地理などの事物を乾象歴,歳時歴,国堺歴などの部門に分類して解説を加えたもの。編者は算博士三善為康。もと4巻から成り,現在は1巻を伝えるのみだが,失われた巻の内容は,《掌中歴》《懐中歴》などをもとに編纂された《二中歴》に施された注記によって推定できる場合が少なくない。《続群書類従》雑部所収。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掌中歴
しょうちゅうれき

日本で最初の百科全書である源為憲(みなもとのためのり)(?―1011)の『口遊(くちずさみ)』を、三善為康(みよしためやす)(1049―1139)が増補したもの。成立年次はまだ確定されていないが、平安時代末の1122年(保安3)から1124年の間に編纂されたとみなされている。また、『本朝書籍目録(ほんちょうしょじゃくもくろく)』に本書は4巻とあるが、現存するのは上巻1巻のみ。しかも原本も、古写本もなく、写本はすべて江戸時代のものだけである。現存本には、天文歴、属星(ぞくしょう)歴、歳時(さいじ)歴、年代歴、地理歴、国堺(こっかい)歴、乾象(けんしょう)歴などが記されている。なお欠失部の篇目や内容については、本書などを参考に作られた『二中歴(にちゅうれき)』から推測することができる。『古辞書叢刊』に収録の本書は狩谷掖斎(かりやえきさい)の手沢本(しゅたくぼん)を影印したもの。また、『続群書類従』雑部に収録されている。[米田雄介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の掌中歴の言及

【二中歴】より

…百科全書的な書物。平安時代末期に三善為康が編纂した百科全書《掌中歴》,および同類の《懐中歴》をもとに,《簾中抄》《函中抄》などを参照して編成された。書名は《掌中歴》《懐中歴》の2書を基礎に作られたことに由来する。…

※「掌中歴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

掌中歴の関連キーワード錦小路通

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android