コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掴み/攫み ツカミ

デジタル大辞泉の解説

つかみ【×掴み/×攫み】

つかむこと。手で握ること。多く他の語と複合して用いる。「ひと―」「わし―」
相手の気持ちを引きつけること。また、その事柄。お笑い芸人が観客を引きつけるために最初に放つ独創のギャグ。また、講演や説明会の最初に聴衆の関心興味を高めるために話す事柄。「―のうまい芸人」
囲碁で互先(たがいせん)のとき、先手を決める方法。一方が碁石を任意の数だけ握り、他方がその数の奇数か偶数かを当てたら先手となり、違えば後手となる。にぎり。
花札で、出来役の札を手札の中にそろえて持つこと。
破風(はふ)板の合う部分を固める板。蟻板(ありいた)。
欲の深いこと。また、その人。欲ばり。
「残りの臣下は欲づらの―の達者」〈浄・今国性爺〉
草履取り。
「召し連れたる―が言ふやう」〈咄・軽口大矢数〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掴み/攫みの関連キーワードネック・ハンギング・ツリーベルナード グラッセショーン ヤングアイアン・クローデススパイラルグレン ミラーろうそく返し河島 英五掴み合い掴み取りツイスト大木凡人大橋麻叶草履取り一掴み鷲掴み掴み所大掴み清粋仕事

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android