コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚名介 ようめいのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揚名介
ようめいのすけ

名目だけの場合の国の次官 (すけ) 。揚名とは名目だけがあって実体のないこと。平安時代中期頃から発生した年給制に関係があり,公卿以上の者が年官を賜わっても,国介の兼帯はできないため,介には別人を任じるか,あるいは作り名をして介とし,所得を自分のものとした。このような場合,名ばかりの介を揚名介といった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようめいのすけ【揚名介】

揚名は《孝経》から出た名をあげるという意の語で,平安時代初期を過ぎるころから山城など5ヵ国の介をたたえた美称で,名誉ある介(国司の次官)の意。中期には年官によって申任された諸国の介の中で,職掌も俸料もなく名誉のみを目的とするもの。中期を過ぎるころから年官の応募者がない場合も,架空の人物を申任して形式を整えることが行われ,それが介に及ぶと作名の介の意になった。《源氏物語》に見えるのは中期のものに当たる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone