コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚名介 ようめいのすけ

2件 の用語解説(揚名介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揚名介
ようめいのすけ

名目だけの場合の国の次官 (すけ) 。揚名とは名目だけがあって実体のないこと。平安時代中期頃から発生した年給制に関係があり,公卿以上の者が年官を賜わっても,国介の兼帯はできないため,介には別人を任じるか,あるいは作り名をして介とし,所得を自分のものとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようめいのすけ【揚名介】

揚名は《孝経》から出た名をあげるという意の語で,平安時代初期を過ぎるころから山城など5ヵ国の介をたたえた美称で,名誉ある介(国司の次官)の意。中期には年官によって申任された諸国の介の中で,職掌も俸料もなく名誉のみを目的とするもの。中期を過ぎるころから年官の応募者がない場合も,架空の人物を申任して形式を整えることが行われ,それが介に及ぶと作名の介の意になった。《源氏物語》に見えるのは中期のものに当たる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

揚名介の関連キーワードおだ呱呱の声をあげる首をあげる手を上げる名をあげる音を上げる御輿を上げる揚名凱歌を揚げる名を揚げる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone