摂津職(読み)せっつしき

百科事典マイペディアの解説

摂津職【せっつしき】

律令制の地方官司。摂津国の内政を行う国司と同様の職掌であったが,副都の難波(なにわ)宮があり,外交上も重要なので,京(きょう)(京城(けいじょう)を統治する)に準じて置かれ,大夫(だいぶ)・(すけ)以下が配された。677年丹比公麻呂(たじひのきみまろ)が初任。793年平安遷都(難波宮廃止)により廃止(事実上は784年廃止とされる)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっつしき【摂津職】

律令制の官司の一つ。摂津国を統治する地方行政官司であるが,京城を統治する京職とともに,国を称さず職とするのは,摂津の地に副都である難波宮(なにわのみや)が置かれたことによる。大夫1人,亮1人,大進1人,少進2人,大属1人,少属2人の四等官が配され,人口,産業,徴税等のことをつかさどったほか,舟を管理したのはこの地が西日本の水運の中心地であったからであろう。677年(天武6)10月,丹比公麻呂が摂津職大夫になったとするのが初見史料である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摂津職
せっつしき

古代律令(りつりょう)国家の地方官司。摂津国には国司を置かず、摂津職がその管治にあたった。そのほか、遅くとも天武(てんむ)朝(672~686)に成立した陪都(ばいと)、難波(なにわ)京を所管し、主都における左右京職に相当する行政機関でもあった。大夫(かみ)、亮(すけ)、大進(だいじょう)、少進、大属(だいさかん)、少属で構成し、大夫は国司と違って、市(いち)、度量、道橋などをつかさどった。677年(天武天皇6)初めて丹比公麻呂(たじひのきみまろ)を摂津職大夫に任じたのは、難波京の成立に伴う摂津職の設置を示す。さらに津済(しんさい)、上下公使、舟具を管し、当時のもっとも重要な海関、難波津(なにわのつ)の往来を監察した。8世紀末、長岡・平安京の造営が始まり、また神崎川が開通して、難波京が廃されると、793年(延暦12)摂津職は摂津国司に改組された。

[八木 充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せっつ‐しき【摂津職】

〘名〙 令制で、難波津および難波宮(大阪市内)を管轄するために置かれた官庁で、摂津国(大阪府西部と兵庫県南東部)の行政をもつかさどった。大夫・亮・大少進・大少属などの職員がいた。平安遷都に際して難波宮が廃されたのに伴って、延暦一二年(七九三)に「職」を廃して、摂津国に国司を置いた。〔令義解(718)職員〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

摂津職
せっつしき

律令制下,摂津国の内政をつかさどった官職
摂津国難波には古くから難波宮 (なにわのみや) が置かれたり,西国交通の要港として重視されたので,特に設けられた。793年廃止されて摂津国を設置。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報