コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘む/撮む/抓む ツマム

デジタル大辞泉の解説

つま・む【摘む/撮む/×抓む】

[動マ五(四)]
指先ではさむ。指先や箸(はし)などではさみもつ。「鼻を―・む」「塩をちょっと―・む」
指先などで取って食べる。また、手軽に食べる。「一つ―・んでください」「すしを―・む」
重要なところを抜き出す。かいつまむ。「要点を―・んで話す」
(多く「つままれる」の形で用いる)狐(きつね)などが人をだます。化かす。「まるで狐に―・まれたような話」
俗に、生検を行うこと。「胃の組織を―・む」
[可能]つまめる
[用法]つまむ・はさむ――「(はし)でつまんで(挟んで)皿に移して下さい」など、間に入れて持つの意では相通じて用いられる。◇「つまむ」は指先または箸などの先を使った動作で、「鼻をつまむ」「箸で煮豆をつまんで食う」のように用いる。◇「挟む」は二つの物の間に何かを入れて動かないようにすることで、「両脚で挟んで締めつける」「小脇に挟む」のように、道具に特別の限定がない。◇「すしをつまむ」「菓子をつまんでください」などの「つまむ」は取り上げて食べる意で、「挟む」とは言わない。◇「机を挟んで向き合う」「人の話に口を挟む」などの「挟む」は「つまむ」に置き換えることはできない。

つ・む【摘む】

[動マ五(四)]
(「抓む」とも書く)指先や爪の先ではさみとる。つまみとる。「茶を―・む」「花を―・む」
(「剪む」とも書く)はさみなどで物の先を切りとる。「枝を―・む」「髪を―・む」
1の比喩的用法)大きくならないうちに取り除く。「悪の芽を―・む」
指先ではさんで持つ。
「御裳(みも)の裾―・みあげ」〈・四四〇八〉
指先で強くはさむ。つねる。「わが身を―・んで人の痛さを知れ」
「太刀抜きたる腕(かひな)を捕らへていといたう―・み給へれば」〈紅葉賀
[可能]つめる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

摘む/撮む/抓むの関連キーワードバーゲン・ハンター若菜摘み・若菜摘五加・五加木手入れ焼海苔ワラビ(蕨)摘み草・摘草たゐにの歌花筐・花筺内田 三平領巾・肩巾山田の沢百草摘み摘まれる中沢けい光孝天皇長沢 佑若菜摘み芽摘み大為爾茶摘歌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android