コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘む/撮む/抓む ツマム

2件 の用語解説(摘む/撮む/抓むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つま・む【摘む/撮む/×抓む】

[動マ五(四)]
指先ではさむ。指先や箸(はし)などではさみもつ。「鼻を―・む」「塩をちょっと―・む」
指先などで取って食べる。また、手軽に食べる。「一つ―・んでください」「すしを―・む」
重要なところを抜き出す。かいつまむ。「要点を―・んで話す」
(多く「つままれる」の形で用いる)狐(きつね)などが人をだます。化かす。「まるで狐に―・まれたような話」
俗に、生検を行うこと。「胃の組織を―・む」
[可能]つまめる
[用法]つまむ・はさむ――「箸(はし)でつまんで(挟んで)皿に移して下さい」など、間に入れて持つの意では相通じて用いられる。◇「つまむ」は指先または箸などの先を使った動作で、「鼻をつまむ」「箸で煮豆をつまんで食う」のように用いる。◇「挟む」は二つの物の間に何かを入れて動かないようにすることで、「両脚で挟んで締めつける」「小脇に挟む」のように、道具に特別の限定がない。◇「すしをつまむ」「菓子をつまんでください」などの「つまむ」は取り上げて食べる意で、「挟む」とは言わない。◇「机を挟んで向き合う」「人の話に口を挟む」などの「挟む」は「つまむ」に置き換えることはできない。

つ・む【摘む】

[動マ五(四)]
(「抓む」とも書く)指先や爪の先ではさみとる。つまみとる。「茶を―・む」「花を―・む」
(「剪む」とも書く)はさみなどで物の先を切りとる。「枝を―・む」「髪を―・む」
1の比喩的用法)大きくならないうちに取り除く。「悪の芽を―・む」
指先ではさんで持つ。
「御裳(みも)の裾―・みあげ」〈・四四〇八〉
指先で強くはさむ。つねる。「わが身を―・んで人の痛さを知れ」
「太刀抜きたる腕(かひな)を捕らへていといたう―・み給へれば」〈・紅葉賀〉
[可能]つめる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摘む/撮む/抓むの関連キーワード折れ込む手挟む抓る爪繰る爪縒る指先脇挟む聞き挿む爪弾く剪む

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone