コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩擦伝動装置 まさつでんどうそうち friction gear

2件 の用語解説(摩擦伝動装置の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩擦伝動装置
まさつでんどうそうち
friction gear

回転体を押しつけて接触させ,そのときの摩擦力で動力を伝達する装置。一般に回転体には円板,円柱,円錐体,回転双曲面体を利用する。比較的強い押しつけ力を要するため,軸受部の動力損失が大きく,大動力の伝達には不適当である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摩擦伝動装置
まさつでんどうそうち

摩擦によって二軸間の回転を伝える装置。二軸に円筒を取り付けその外周を接触させて回転を伝えるものでは、二軸の回転は逆になる。円筒の内側を他方の軸の円筒の外側が接触するようにしたものは、二軸の回転は同一方向となる。二軸に円板または円錐(えんすい)を取り付けて回転を伝える摩擦クラッチは、自動車などのエンジンの回転を車輪に伝えるのに使用されている。円錐摩擦車は二軸が直交しているときの伝達に使用される。摩擦力を大きくするためには、接触面を多くした溝付き摩擦車を使用する。両車の接触には滑りがあるために、正確な速度比で回転を伝えたいときには使用できない。摩擦を大きくし二軸間の伝達力を増加するために、車の接触面に革、ファイバー、木材など摩擦係数の大きな材料を使用する。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摩擦伝動装置の関連キーワード空気ブレーキ接触抵抗摩擦ブレーキ威権押し事回転体押当てる押付けがましい押付ける摩擦伝動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone