撓・萎(読み)しおり

大辞林 第三版の解説

しおり【撓・萎】

蕉風俳諧の根本理念の一。作者の心にある哀感が、句または句の余情に自然とあらわれること。蕉風では「しほり」と表記。 → さび細みかるみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android