コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撮影監督 さつえいかんとく director of photography

2件 の用語解説(撮影監督の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

撮影監督
さつえいかんとく
director of photography

映画技術の責任者。撮影のみならず,映画の表現にかかわる一切の技術的側面を統率する。アメリカで分化,発達した職制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

撮影監督
さつえいかんとく
director of photography

映画撮影技術を通して、監督の構想や脚本内容をフィルム上に映像化する映像技術部門の最高責任者。カメラを操る撮影作業はもとより、照明や色彩、特殊効果、現像など、撮影にかかわる作業全般を統括する。アメリカでは映画製作の初期に、撮影担当者は単にカメラを回すだけだったのでカメラマンとよばれていたが、照明技術の発達とともに、ライティング・カメラマンlighting cameramanという呼称に変わり、ついで芸術家であるという認識が浸透するにつれ、写真カメラマンphotographerと区別する必要もあって、シネマトグラファーcinematographerという職名が流通するようになった。さらにトーキー以降、映画技術が複雑化し、複数のカメラによる撮影も珍しくなくなったことで、いまでは撮影監督とよぶのが一般的となっている。また、ファースト・カメラマン、セカンド・カメラマンという用語が使われる場合があるが、前者は撮影監督、後者はカメラを操作するオペレーターをさす。
 世界映画史上、重要な功績を残した撮影監督としては、アメリカ映画草創期に撮影技術の基礎を開拓したビリー・ビッツァーBilly Bitzer(1972―1944)をはじめ、ドイツ映画黄金期のカール・フロイントKarl Freund(1890―1969)、ハリウッド黄金期のグレッグ・トーランドGregg Toland(1904―1948)やジェイムズ・ウォン・ハウJames Wong Howe(1899―1976)、レオン・シャムロイLeon Shamroy(1901―1974)、ヌーべル・バーグ映画のネストール・アルメンドロスNestor Almendros(1930―1992)、戦後イタリア映画のビットリオ・ストラーロVittorio Straro(1940― )、ベルイマン映画で有名なスベン・ニクビストSven Nykvyst(1922―2006)、1960年代以降のアメリカ映画を代表するハスケル・ウェクスラーHaskell Wexler(1926― )らがいる。日本でも、戦前の記録映画界を支えた白井茂(しらいしげる)(1899―1984)、日本映画黄金期に活躍した宮川一夫(みやかわかずお)(1908―1999)、独立プロダクション映画を牽引(けんいん)した宮島義勇(みやじまよしお)(1909―1998)らが大きな足跡を残している。[奥村 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

撮影監督の関連キーワードブランド責任者前衛映画画技責任者のみならずスクリプトガールテクニカルディレクター映画の日捨て身のならず者責任会計

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

撮影監督の関連情報