コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攀禽類 ハンキンルイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

攀禽類
はんきんるい
scansores

18世紀から19世紀なかばにかけての、鳥類の生態による分類区分の一つ。正式に分類群としたのはドイツのイリガーJohann Illigerで(1811)、そのなかにオウム、インコ、オオハシ、キヌバネドリ、エボシドリ、カッコウ、キリハシ、オオガシラ、キツツキといったさまざまな鳥を含めた。この分類は現在では用いられていないが、昭和初期までの本にはこの名前はしばしばみられた。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

攀禽類の関連キーワード浦本昌紀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android