コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攀禽類 ハンキンルイ

2件 の用語解説(攀禽類の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんきん‐るい【××禽類】

鳥の生態による分類で、木をよじ登る習性をもつもの。森林にすみ、あしゆびは前後に2本ずつ向く。キツツキオウムカッコウなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

攀禽類
はんきんるい
scansores

18世紀から19世紀なかばにかけての、鳥類の生態による分類区分の一つ。正式に分類群としたのはドイツのイリガーJohann Illigerで(1811)、そのなかにオウムインコオオハシキヌバネドリエボシドリカッコウ、キリハシ、オオガシラキツツキといったさまざまな鳥を含めた。この分類は現在では用いられていないが、昭和初期までの本にはこの名前はしばしばみられた。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone