コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支謙 しけんZhi-qian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支謙
しけん
Zhi-qian

[生]196頃
[没]五鳳2(255)頃
中国,三国,呉の訳経家。中央アジア大月氏国の人で,のち祖父法度とともに漢に帰化した。支亮の弟子。学問に精通し,6ヵ国語をよくしたと伝えられる。後漢の末に呉国に来て博士となり,呉王孫権の皇太子の養育にあたった。黄武2 (223) 年から建興2 (253) 年までに『維摩詰経』『大明度経』『瑞応本起経』などを訳出。現在 53部の経典が伝えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しけん【支謙 Zhī qiān】

195?‐254
中国,三国呉の在俗の訳経家。大月氏の帰化人で,字は恭明あるいは越。洛陽で西域諸語を学び,6ヵ国語に通暁した。後漢末の動乱を避けて江南に逃れ,呉の孫権の信任を得た。《維摩詰経》《阿弥陀経》《法句経》《太子瑞応本起経》など49経を漢訳した。訳出した般若部経典は,仏教と玄学との結びつきをうながし,仏陀の一代記の訳出は仏陀の徳行を賛仰させ,仏教の庶民化に貢献した。【礪波 護】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

支謙
しけん
(195ころ―254ころ)

中国、三国時代の呉(ご)国で活躍した訳経家。生涯を在俗のまま過ごした。大月氏(だいげっし)からの帰化人の子孫で、そのためもあってか語学の才に秀で、多くの西域(さいいき)語に精通していたという。呉王孫権(そんけん)は彼の博学と才能を信服し、博士に任じた。多数の仏典を翻訳したなかでとくに有名なものは『法句経(ほっくきょう)』『維摩詰経(ゆいまきつきょう)』『大明度無極経(たいみょうどむごくきょう)』『阿弥陀経(あみだきょう)』『瑞応本起経(ずいおうほんぎきょう)』などである。内容的には大乗、部派仏教の仏典が入り交じっている。訳語には音訳語を避けて義訳語を多用した。文体は四六(しろく)文を取り入れ、流麗であった。[岡部和雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の支謙の言及

【大無量寿経】より

…サンスクリット原典,チベット語訳,および5種の漢訳が現存する。漢訳は支婁迦讖(しるかせん)訳(漢訳),支謙訳(呉訳),康僧鎧(こうそうがい)訳(魏訳),菩提流支(ぼだいるし)訳(唐訳),法賢訳(宋訳)であるが,前3訳に関しては訳者に疑問がもたれている。一般に用いられるのは魏訳である。…

※「支謙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

支謙の関連キーワード大無量寿経維摩経勢至魚山