コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政尾藤吉 まさお とうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

政尾藤吉 まさお-とうきち

1871*-1921 明治-大正時代の法律家,外交官,政治家。
明治3年11月17日生まれ。渡米してエール大などで法学をまなぶ。明治30年外務省からシャム(タイ)に派遣され,のち同国の法律顧問として刑法民法商法起草。大正4年衆議院議員(当選2回,政友会)。大正10年8月11日死去。52歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まさおとうきち【政尾藤吉】

1870‐1921(明治3‐大正10)
法律家。19世紀末,欧米列強のアジア植民地化に対抗して,アジアの連帯とりわけタイ(当時はシャム)の独立維持を図るため,初代駐タイ公使稲垣満次郎はタイ政府内に日本人顧問を送り込もうとし,1897年東京の《ジャパン・タイムズ》の主筆代理,政尾藤吉をタイに送り,近代法典編纂委員会に加わらせた。アメリカのイェール大学で法学を学んだ政尾は,タイの刑法,民法,商法の起草を担当し,1901年には大臣相当の司法省顧問の地位を得,12年にはプラヤー・マヒトーンマヌーパコーンコーソンクンの爵位と欽賜名を授与され,翌年帰国した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

政尾藤吉の関連キーワード大正時代政治家外交官

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android