コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学研究会 ぶんがくけんきゅうかい

大辞林 第三版の解説

ぶんがくけんきゅうかい【文学研究会】

中国の五四新文学運動から生まれた文学団体。鄭振鐸ていしんたくら一二人が発起人となり、1921年北京で成立。「人生のための芸術」を主張し、「小説月報」などを編集発行。創作とロシア・東欧・北欧の作品の翻訳によって新文学運動をリードしたが、五・三十ごさんじゆう事件後衰え32年解散した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

文学研究会【ぶんがくけんきゅうかい】

中国で1921年,周作人茅盾鄭振鐸らによって結成された文学団体。雑誌《小説月報》を機関誌として活動を開始。団体としての結合は強固ではなかったが,全体として人生のための芸術を主唱して戯作文学に反対。
→関連項目許地山謝冰心葉紹鈞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんがくけんきゅうかい【文学研究会 Wén xué yán jiū huì】

1921年,北京で結成された中国最初の新文学団体。《小説月報》がおもな機関誌。文学は遊戯や消遣の手段でないとするのが会員の公約数的文学観であった。〈人生のための文学〉,写実主義を標榜したとはいえ,文学の社会性を重視するか(茅盾),人間的な芸術派の文学を求めるか(周作人),発起人の見解も当初から微妙なずれを含んでいた。それがやがては会の分裂につながるが,特定の文学理念によって組織をしばらず,作家の同業組合的団体をめざしたことが,かえって全国的に幅広く新文学者を結集させ,その相互交流を深め,新文学発展の下地をつくったともいえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文学研究会
ぶんがくけんきゅうかい

中国近代の文学団体。1921年1月4日、北京(ペキン)で結成される。発起人は周作人、朱希祖、蒋(しょう)百里、鄭振鐸(ていしんたく)、耿済之(こうさいし)、瞿世英(くせいえい)、郭紹虞(かくしょうぐ)、孫伏園、沈雁冰(しんがんひょう)(茅盾(ぼうじゅん))、葉紹鈞(ようしょうきん)、許地山、王統照の12名。同会は、雑誌『新社会』『批評』『人道』に集まっていた鄭、耿、瞿、許や、『曙光』の王、『新潮』の周、孫、葉、郭ら北京の学生・教授陣に、『小説月報』の主編に就任したばかりの沈(茅盾)を加えて結成された。彼らは『小説月報』をおもな舞台として、人の文学、写実主義文学を提唱し、ロシア文学をはじめヨーロッパの文学作品の紹介に努め、鴛鴦蝴蝶派(えんおうこちょうは)など旧文学に対する批判を展開する一方、ロマン主義を唱える創造派と対立するなど、人生のための文学を軸とした活動を展開、中国近代文学の初期に大きな役割を果たした。21年5月、機関紙『文学』旬刊(のち『文学週刊』『文学週報』と改名)を創刊、上海(シャンハイ)を中心に北京、南京(ナンキン)などに分会を設け、会員は170名余りに増加したが、元来その結合は文芸思想の一致によるよりも同業組合的な緩やかなものであり、20年代なかばには結社の実質は失い、『小説月報』が商業誌として文壇の中心に位置したにとどまった。[白水紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の文学研究会の言及

【中国文学】より

…それらの多くは稚拙なものであったが,それはしかし,文学革命の運動がより広範な人々の実践に移されたことを意味した。こうしたなかで,21年には,文学研究会と創造社という二つの文学結社を生み出した。文学研究会は,その結社の宣言で,文学は人生のための工作であると述べたが,その共通する立場は広い意味の人道主義ともいうべきもので,この派に属する葉紹鈞(聖陶),謝冰心(しやひようしん),王統照,落華王(許地山)などは,〈美〉と〈愛〉と〈人生〉をテーマに,恋愛,結婚,教育などの問題を扱ったいわゆる〈問題小説〉を多く発表した。…

※「文学研究会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文学研究会の関連キーワード日本オーストリア文学会川端康成学会武者小路実篤岡崎 俊夫川口 半平千田 九一黒田 辰男山内 秋生中谷 博宮田 暢中山公園青柳 優実藤恵秀北 彰介岡崎俊夫武田泰淳尾崎秀樹千田九一王魯彦朱自清

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文学研究会の関連情報