コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文筆眼心抄 ぶんぴつげんじんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文筆眼心抄
ぶんぴつげんじんしょう

平安時代前期の漢詩文評論書。空海編著。1巻。弘仁 11 (820) 年成立。空海が『文鏡秘府論』の重要な部分を抄録したもので,編次や題目に『文鏡秘府論』と異なる点もあるが,大部分は一致しており,ただ説明が簡略になっている。中世の歌人に愛読され,当時の歌論に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんぴつがんしんしょう〔ブンピツガンシンセウ〕【文筆眼心抄】

平安前期の詩論書。1巻。空海編著。弘仁11年(820)成立。「文鏡秘府論」から、詩文の実作に役立つ所を抄出したもの。ぶんぴつげんじんしょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんぴつがんじんしょう【文筆眼心抄】

平安時代の詩文作法書。1巻。弘法大師空海の撰。820年(弘仁11)成立。〈もんぴつげんじんしょう〉とも。《文鏡秘府論》を空海みずからが整理要約して携帯検索に便利にした,初学入門の親切な教科書的なものである。文は韻文,筆は散文の意味である。自序中には《文筆眼心》とあって抄の字がないので,抄の字は後人が付加したものであろう。【川口 久雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんぴつがんしんしょう【文筆眼心抄】

詩学書。一巻。空海編著。820年成立。「文鏡秘府論」を抄約したもの。ぶんぴつげんじんしょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文筆眼心抄の関連キーワード為兼卿和歌抄一巻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android