コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文英清韓 ブンエイセイカン

4件 の用語解説(文英清韓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんえい‐せいかん【文英清韓】

[?~1621]江戸初期の臨済宗の僧。伊勢の人。東福寺南禅寺に歴住。豊臣秀頼の依頼で作った方広寺大仏殿鐘銘に「国家安康」の文字を用い、徳川家康の怒りを受けた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文英清韓 ぶんえい-せいかん

?-1621 織豊-江戸時代前期の僧。
臨済(りんざい)宗。文禄(ぶんろく)の役に加藤清正の右筆(ゆうひつ)として随行,のち京都東福寺,南禅寺の住持。方広寺鐘銘を撰(せん)し,文中の「国家安康」が徳川家康の怒りにふれ駿府(すんぷ)に拘禁,のちゆるされた。元和(げんな)7年3月25日死去。伊勢(いせ)(三重県)出身。俗名は中尾重忠。号は不放子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

文英清韓

没年:元和7.3.25(1621.5.16)
生年:永禄11(1568)
江戸初期の臨済宗の僧。自ら不放子とも称した。伊勢(三重県)安芸郡の人。慈雲大忍(一説に文叔清彦)の法を嗣ぎ,伊勢の無量寿寺に住した。のち加藤清正の帰依を受けて九州に下向し,文禄・慶長の役に随侍したという。慶長5(1600)年東福寺の第227世となり,同9年には南禅寺(世代不明)に昇住した。同19年,豊臣秀頼に請われて方広寺の鐘銘を書した。これは,文中の「国家安康」の句が,徳川家康の文字を分けたとして徳川方の怒りを買い,大坂の陣,そして豊臣家滅亡の引き金となったものとして知られる。<著作>『方広寺鐘銘並五山僧評判』(大日本仏教全書119巻)<参考文献>森大狂『近古禅林叢譚』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんえいせいかん【文英清韓】

?‐1621(元和7)
近世初期の禅僧。不放子と号する。伊勢の中尾氏の出身。俗名は重忠。出家の年は不明だが,第1次朝鮮出兵(文禄の役)のとき,加藤清正に僧として随行。1600年(慶長5)東福寺,次いで南禅寺の住持となる。14年,片桐且元の依頼でつくった方広寺大仏の鐘銘が徳川家康の怒りに触れ,鐘銘事件を引き起こした。豊臣氏滅亡後に捕らえられて京都,次いで駿府に数年のあいだ拘禁されていたが,20年(元和6)9月には後水尾天皇に東坡詩集を進講している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文英清韓の関連キーワード崇伝正韵淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲春沢宗晃文室宗周活山玄旭広叔元運済家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone