コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤清 さいとう きよし

1件 の用語解説(斎藤清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤清 さいとう-きよし

1907-1997 昭和-平成時代の版画家。
明治40年4月27日生まれ。油彩画から木版画に転じ,昭和11年日本版画協会展で入選。26年サンパウロ-ビエンナーレで受賞。風景を主題に純朴で詩情あふれる作品を得意とし,水墨画もえがく。晩年は故郷の福島県会津(あいづ)で制作した。平成7年文化功労者。平成9年11月14日死去。90歳。作品に「凝視(花)」,連作「会津の冬」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤清の関連キーワード香港映画新聞小説ホンダ・インターナビASEANスペイン映画武幸四郎日産ディーゼル 大型低床路線バスEBS(電子制御ブレーキシステム)ブルガリア文学複成片麻岩内褶曲

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤清の関連情報