コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤清 さいとう きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤清 さいとう-きよし

1907-1997 昭和-平成時代の版画家。
明治40年4月27日生まれ。油彩画から木版画に転じ,昭和11年日本版画協会展で入選。26年サンパウロ-ビエンナーレで受賞。風景を主題に純朴で詩情あふれる作品を得意とし,水墨画もえがく。晩年は故郷の福島県会津(あいづ)で制作した。平成7年文化功労者。平成9年11月14日死去。90歳。作品に「凝視(花)」,連作「会津の冬」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎藤清の関連キーワードやないづ町立斎藤清美術館福島県河沼郡柳津町柳津福島県立美術館野呂松勘兵衛斎藤 清斎太郎節文芸文化源清麿如儡子

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤清の関連情報